So-net無料ブログ作成

2019年 シンガポールGPの予選結果 [Singapore GP]



新しいフロントウイングの解釈の仕方を誤った感のあるフェラーリでしたが、開発能力のあるチームは、しっかりとやるのである。

レッドブルが復調の兆しを見せたのは、もともとコーナリング性能に秀でたチームだったから、来るとは思っていた。でも、フェラーリはロングストレートを低ドラッグで走り抜けるコンセプトだったから、こうなることは予想できなかった。

イタリアンなんですが… らしからぬという感じ。シューマッハ時代の栄光の日々をルクレールで再現しようとしているのか。

ルクレールがスタートで、何事もなければ、あるかもしれない。

となると、鈴鹿も、予想外なことが起きるのかも。

大坂なおみと同じ誕生日の男、シャルル・ルクレール

これは世界ナンバーワンが近づいてきた。

ハミルトンがこけまくれば、今年も不可能ではない。まあ、ほとんどないと思いますが。分からないぞ、しかし、って感じです。


nice!(9)  コメント(2) 

nice! 9

コメント 2

しのぴん

大坂なおみとシャルル・ルクレールは誕生日一緒なんですか!?。
世界を制する人は生まれる日も同じなんですかね(^^;)。
by しのぴん (2019-09-22 06:53) 

masakazoo

しのぴん様、こんばんは。

突き動かされるものが何かあるかもしれませぬ。F1の場合は実力よりチーム選びのところがありますが、テニスは実力オンリー。ルクレールは実力もあるから、フェラーリを自分の色に染めていけば、シューマッハ時代の再来となる。となると、ミック・シューマッハが微妙な立場に追いやられる。まだ伸びしろがあることを見せつけるよろしいなのだ、ダぁー!!
by masakazoo (2019-09-23 21:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。