So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

焦った、売るのかと思った。自動車業界に参入したら、プレミアムな世界は群雄割拠、リーフみたいのは大赤字覚悟。コンセプトカーで可能性を示すのが正解ですit's a SONY [Zero Emission Vehicle]



バブル期の日本みたいなチャレンジ精神が突如蘇ったのかと思った。

ソニーが電気自動車を突如出すから。

びっくりしたよ。

販売網も持たず、サービス網も構築しないまま、どうやって売るのかと思った。そう言えば、ヤマダ電機も電気自動車売るって言ってなかったかな?

これは、鋼管スペースフレームのようなシャシーであるとみた。この手のは出来ても、安全性の高いボディを安価に量産することができないのだけれどね。

正直、電池の価格と電池の重量が同時に劇的に下がらないと、まずは土俵にもあがれない。

上がったとしても、アウトバーンのようなところで、普通に走ったら、電池はすぐに無くなってしまう。

ホンダの法人向けの電動スクーターの価格が70万ほど。

液晶テレビの値崩れのようなことが起これば、4ストロークガソリン車と同等程度の20万円とかになるのだろうか。

まずは郵便配達のカブの電動化が普及しないと、電気自動車の時代なんて50年経ってもやってもない。

50年で、軽い電池できるのだろうか。ある程度普及すると事故った車から、乗員を救い出そうとして感電する事例が続発することは間違いないと思うのですよ。

日本電産と組めば、ソニーの分野外のモーターも手に入る。

日本には、バブル期以前の野生が必要なのです。

車のカタログに、とりあえず世界初とか、日本初とか、バンバン書きまくるよろしい。

無意味なチャレンジもいっぱいあったから、車産業は成長した。

内部留保取り崩して、チャレンジチャレンジ、って感じで、おやすみなさい。

nice!(6)  コメント(2) 

気になる技術を真っ先に調べる、するってーと、経済学者のように、これからは電気自動車の時代だなんてトンマなことは言わないで済むのではないかなの巻 [F1諸問題]

F1 2025年の次世代F1エンジンは2ストローク化? 【 F1-Gate.com 】 https://f1-gate.com/f1car/f1_54463.html

上記の記事の中で、パット・シモンズがこんなことを語っている。

「現在、F1ではそれに取り組んでいる。私はそれが2ストロークエンジンであることを非常に切望している。はるかに効率的でエキゾーストからは素晴らしいサウンドがある。古い2ストロークにあった多くの問題はもはや関係ない」「対向ピストンエンジンは戻ってきており、すでに50%の効率でロードカーの形になっている」「直接噴射圧力充填、および新しい点火システムにより、新しい形式の2ストロークエンジンは非常に効率的で排出ガスに優しいことが可能になった。それらには良い未来があると思う」


原文を探すと、
"Direct injection, pressure charging, and new ignition systems have all allowed new forms of two-stroke engines to be very efficient and very emission-friendly. I think there’s a good future for them."

太文字の部分から類推するに、これは、ユニフロースカベンジング式2ストロークガソリン直噴エンジンのことだと思われる。英語の表記では、Boosted Uniflow Scavenged Direct Injection Gasoline (BUSDIG) engine

Wikipediaによれば、エンジンオイルを燃やさない低公害で小型高出力が可能ではあるが、動弁機構はOHVに限られ、高回転で回すことができないのがデメリットである、というようなことが書かれていた。

実はバブルの頃の自動車雑誌で、トヨタの2サイクルエンジンのことが書かれていた。その記憶では、いいエンジンだが、トラックみたいなエンジンだ。それが私がその記事を読んだ結論。

調べたらこんなのがあった。

【超希少車】あの伝説のモデル&マシンはいまどこにあるのか! 自動車情報誌「ベストカー」 https://bestcarweb.jp/news/40249

■2ストロークエンジン搭載のソアラ、トヨタS-2XV 1989年に発表されたソアラに新開発だった2ストロークエンジンを搭載した「トヨタ S-2 XV」。ちなみにSとはスーパーチャージャーの頭文字で、構造は4サイクルエンジンと同じく吸気・排気バルブを各カムシャフトが作動させるというものでスーパーチャージャーは掃気を促すためのもの。 3L直6のガソリンと2.5L直4ディーゼルが参考出品され初代エスティマへ搭載予定だった。ちなみにスペックは3L直6が240ps/3600rpm、50.0kgm/2800rpm、2.5L直4ディーゼルが100ps/3200rpm、29.0kgm/1600rpmだった。


回転数見てみ、3600rpm

パット・シモンズさん3600rpmで、いい音するんかい?

新しい技術で、1万8000回転ぐらい回るのか?

私はF1は、燃料電池式で水素を使うのではなく、単純にガソリンの代替物として水素を燃やす内燃機関でやるとみた。

とっくに開けましたが、おめでとう。

PCケースの入れ替えに、5時間かかりました。PCケースのパワースイッチの構造、そしてパワースイッチとリセットスイッチに互換性があることも学びました。

ついでに、古いXP機に予備に買っておいたマザーボードを組み込み、キューブケースからスイッチの壊れたミドルタワーにお引越しさせ、elementaryOSを導入してみようと思っております。

これならディープな世界への探検も結構安全に、できそう。

F1のテストが待ち遠しい今日この頃です。ばいなら。

nice!(4)  コメント(2) 

BS1スペシャル「最速に挑む! ホンダF1はなぜ勝てたのか」 ホンダの活躍でお蔵入りのマル秘映像まで公開されるかも、高収入のNHKがレッドブルホンダのスポンサーとなる日は来るのか? 来る前にぶっ壊されるのか? その前に日本が先進国から滑り落ちているでしょうが、再びちょんまげを落とす勇気で進めばよいのさの巻 [Honda]

20200101.jpg

13年ぶりの優勝とは言っても、撤退しなければ、かなりの確率で2009年に圧勝していた。それほどまでに、あの年のダウンフォース量は圧倒していたからだ。ちょうど今年のメルセデスとフェラーリのように、パワーはなくても、コーナリング速度で勝てた。メルセデスのエンジンで他社とのギャップが1秒ほどだった。ホンダがいくら遅いと言っても、コンマ2~3秒しか変わらない。

1990年代初頭のフェラーリは、撤退話が尽きなかった。その度に、「再度参入するとコストがこれぐらい、続けているとこれぐらいで、結局続けた方が安上がりです」と説得され、続けた結果が、やがて多国籍人材によるフェラーリの黄金時代を切り開いた。

トヨタはレース辞めても、大衆車造ればいいだけだけど、ホンダがレース辞めたら、何も残らない。スパナが飛んでくるだけである。

だから、続けるよろしい。

NHKBS1 2020年1月1日(水) 午後8時00分 BS1スペシャル「最速に挑む! ホンダF1はなぜ勝てたのか」

NHKをぶっ壊す、というかNHKも官僚機構も、このまま存続できないのは明らかだから、壊される前に自ら変えなさい。

ミジンコを見習って、自ら変わるのだ!!

とりあえず、壊れる前に見るよろしい。

バナナ70数円、ふたつで100円そんなに売りつくしたいのか、50円で売ったらどうだチャオって感じです。チャオと言えば、当然ニャオで、ナチュラルボーン野良さんように、魚のあらを探してこようと思っている今日この頃。というわけで、皆の衆よいお年を。

nice!(5)  コメント(4) 

2019 アブダビGPの決勝結果 [Abu Dhabi GP]



風邪は、治ったようで治らない。風邪と花粉症が混じってしまって、こんばんは。

タイトルが決まってしまっているレースでは、レッドブル、フェラーリにも、過剰な気合が薄れるので、ハミルトンのレースになってしまっても仕方がない。

話変わるが、空飛ぶ自動車こと、Flying TAXI、まあ日本では許認可、免許制度等々の問題で、絶対飛ばないだろうと思われる有人飛行ドローンですが、アメリカのベンチャー企業では、水素を燃料とした機種が空を飛ぼうとしている。

燃料電池の製造メーカーは明確にされていないが、アメリカ製も存在しているという。

“空飛ぶクルマ”のエネルギーには水素が最適? 燃料電池を積んだ電動航空機に米企業が賭ける理由|WIRED.jp https://wired.jp/2019/07/16/alakai-flying-car-air-taxi-evtol-hydrogen/

ホンダの経営を支えたのはカブである。

ホンダジェットも空を飛んだし、燃料電池の技術はあるし、攻める場所を見つけた感あり。

燃料電池が普及していけば、私が思い描く別の用途にも展開が期待できる。

燃料電池技術を持つ、トヨタとホンダは、強いと思うぜよ。その時の環境次第ですが。

ジャパンライフから金をもらう自民党というのも、脇が甘い。Sweet Smell of Money メルシーボークーって感じ?

背中に桜が彫られていなければ、献金すれば、桜を見る会なのか?

自民党の代議士は、馬鹿なんですか? って感じのばいならです。

nice!(9)  コメント(4) 

消費税の引き上げのマイナス効果は、日増しに強くなる。安倍退陣どころか、官僚機構の解体も議論されることでしょう。馬鹿な役人を持つと国民が苦労する。消費税をこんなタイミングで10%に引き上げてしまってどうもすみませんの巻 [Domestic Economy]

景気動向指数の悪化幅 前回の増税を上回る 8年7か月ぶり NHKニュース https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191206/k10012204911000.html

「消費税上げぬなら社会保障削らないと」 自民・宮沢氏:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASMD65Q8FMD6UTFK01N.html

10年上げなかったならば、相当社会保障を削らない限り、大変なことになるのではないか。社会保障を今の水準よりかなり落とすことを国民の皆さんが受け入れるかどうか。(TBSのCS番組の収録で)


この宮沢さんというのは、高橋教授が良く言っている「一族皆財務官僚」みたいなマンションに暮らしている、現代の税金に巣食うお公家さんである(シロアリの親玉かも)。

社会保障を人質に取って、予算を天下りに流すシステムを維持しようとする古い体制に、この文章を贈ろう。

祇園精舍の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。奢れる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。猛き者もつひにはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。

私には新しい時代が見える。官僚主導の終わる新しい日本。その前に、終わっていなかったリーマンショックの隠された破壊力が日本を襲う。

風邪の症状も収まり、多少元気。それでは、また。





nice!(7)  コメント(0) 

2019 アブダビGPの予選結果 [Abu Dhabi GP]



ホンダの継続には、コストが握っている。

日本政府は、累積債務が膨大で、消費税を引き上げないと、とか何とか言っているが、社会保障の問題だけで積み上がったわけではない。官僚による予算の分捕りが評判による出世システムと結びついているからで、消費税を20%にしても30%にしても、改善なんてできるわけがない。

アベは、公務員制度改革やる気がないから、高橋教授はファシストだのレイシストといわれるのである。レイシストの件は、改正出入国管理法による技能実習生がらみのことだと思われるけれど。世界は今、どこも少子化で、景気の悪い日本をわざわざ目指すメリットはどこにもない。

政治家は馬鹿だから、わかってないんだろうな。

というわけで、メルセデス速し。ただし、ボッタス消えるので、敵はハミルトンのみ。フェルスタッペンと後方に控えるアルボンで攻略するのだ。

ノモンハンでの出来事を踏まえて結成された秋丸機関の分析能力を活かさなかった大日本帝国陸海軍。割に先見性のある人もいたのだが、日本は空気を読む凡人の国。わかっていても変われない。

まずやるべきは、公務員制度改革により、予算と天下りのつながりを断ち切ること。

本田頑張れ、二輪に負けるな、ホンダジェットはGOOD、四輪はもっと自由になるしかない。年寄りに理解できない車づくりへ。

これだろうね。

nice!(6)  コメント(2) 

ヤスマリーナの決勝レース予想 2019年度バージョン [Abu Dhabi GP]



アブダビの天気は、三日間通して晴れ。最高気温は27℃。レース開始は現地時間の夕方の五時だから、多少は下がる。

ホンダは、2021年までは継続するという。経済状況でF1非推進派が勢いを増すから、どうなるかわからないけれど、継続している方が、技術の蓄積、ブランドイメージの維持等を考えてもいい。

ボッタスが前戦のエンジンブローの影響で交換となり、グリッドダウン確定となり、ハミルトンの戦略は狭まる。とは言っても、このコースは相性がいい。

ハミルトンが勝ちそうだけど、

1st Verstappen 2nd Albon 3rd Hamilton

この結果で、来年に期待を持ち越すのだ!!

アルボンが自信をつけないと勝利数が伸びないんだ。

と、またまた風邪を引いた男は語る。

花粉症のような気もする。

喉が心配である。

都心部にあったテニスコートや遊園地などは、軒並みマンションにした方が手堅い方向に舵を切り、しかも現在では上へ上へと、人口が減少するのに伸び続けている。入居者が入ることが前提のマンションなどの前途が思いやられる。J-REITも、アメリカのサブプライムローンに群がった輩と同類だと気づくのは、時間の問題かもしれない。

日本の企業も未来の展望が開けないけど、マンションの先もまた見えない。こういう状態だから、官僚になりたがらないのも当然だと思いまする。真面目に予算を天下り先に流しても、自分には回ってこないんだから。

こうして、役人が滅び。新しい日本が芽生えるのです。

nice!(5)  コメント(0) 

2019年 ブラジルGPの決勝結果 [Brazilian GP]



ドライでメルセデスをやっつけて、この勢いで勝ちまくれば、高音の響きのいいPUを伴った新しい規約が誕生することでしょう。

フェルスタッペンとガスリー、そして(ハミルトンがペナルティを受けたことにより)サインツ。

すべて、レッドブル関連銘柄。

極めてメルセデスに接近していることが嬉しい。

アルボンが成長して、戦略に多様性が生まれれば、来シーズンは、もっと勝てる。

ただ世界経済は、2022年の地獄に向かって最後のチキンレース。

F1非推進派の方々に、継続は力なりと説得するよろしい。継続した方が結局安上がりだと数字で理解させるのだ。

という感じで、毎回こんなレースしたら、予備予選復活間違いなし。ということは日本に再びバブルがやってくる。

バイク業界には、すでにバブルの気配あり。

新興国のお陰です。

バイクは見ているだけで楽しめるから、エンジンにはフィンが必要である。出てこないだろうけど、ホンダさんがGL400を三つくっつけた縦置きV6、あなたは段々出したくなるって感じです。

250ccで縦置きVツインでも面白い。

やっぱり私は、電動より、上下動するピストン付きが大好きです。

終わり。

えんやとっとの、ばいなら、と。


nice!(8)  コメント(2) 

2019年 ブラジルGPの予選結果 [Brazilian GP]



銭湯で、見知らぬ色柄物の方と遭遇した。私も顔立ちが強面なので、人相だけだと小学生の頃からその筋に見られる。でも、単にあそこが気持ち大きいだけの普通の人である。

湯船の縁でこっち睨んでるから、こっちも気合が入って、しぼんでしまう(目の前でぶらぶらさせたろか)。

まあどうでもいいか。昔は、髪の毛洗っていたら、周りに人がきた音がしたのですが、気づいたら取り囲まれていたことがある。

安倍ちゃんも、花見などしていないで、鯉とか桜を見るべきである。静止画ですが。

何となく、ハミルトンのポールはないだろうと思っていたが、まさかフェルスタッペンが、テッペンをもぎ取るとは、まことに天晴である。

フェラーリはベッテルが二番手、若干、やはりエキストラパワーは無くなったのかもしれない。

以下、ハミルトン、ルクレール、ボッタス、アルボン、ガスリーと続く。

ルクレールは10グリッド下がるから、ボッタスは二列目からスタート。

タイヤのことを考えると、やはり、メルセデスにもチャンスはある。



かぼちゃを5ミリ幅とかで、きっちり切りたい。まあ切るというより、割いている感じですが。ビタミンA、C、Eを摂取して、寒さを乗り切るのである。

nice!(6)  コメント(0) 

インテルラゴスの決勝レース予想 2019年度バージョン [Brazilian GP]



インテルラゴスは、東京とは違って過ごしやすい週末の模様。最高気温は22℃、最低気温13℃~16℃。東京は最高気温は18℃、最低気温8℃。

未来は、夏と冬のはっきりした世界。紅葉を愛でる風情は今のうちに味わうべし。

しかし、膨張した空気を冷やして、燃焼室に酸素をいっぱい取り込もうというインタークーラーの冷却を司るオイルを使ってパワーアップしていたとされるフェラーリ。

オイルに何を混ぜると50馬力もアップするのだろう?

それより、水冷じゃなくて、油冷にしていて、オイルも別系統の専用だろうから、怪しいと言えば怪しい。

潤滑が必要ないから、トルエンを混ぜ込んでも、不都合は起こらないようにも思える。

まあレースの世界では、こういうことは、ある。

昔のトヨタのラリーカーでは、ばれて非難されたけれど、フェラーリなら、ばれても非難はされないのが、貴族社会なのである。

よって、

1st Bottas 2nd Verstappen 3rd Albon

安倍晋三と桜を見る会に出張っている芸能人は、馬鹿丸出し。

ああゆう馬鹿を眺めて、ああなってはいけない。

桜など個人的に楽しめばいいのだと思える大人になればいいのである。

桜は夜、突如風が吹き、漆黒の背景に、白いというか薄いピンクの花びらが舞い散る姿が一番美しい。

消費税など上げるから、馬鹿な役人が予算をつける。

ソビエトの次に崩壊する大規模な社会主義国は、官僚主導の日本国である。

滅んで、二度と繰り返しません、官僚主導となるのである。



どうでもいいけど、石油メジャーは、電気自動車の普及を喜ぶのか? 石油メジャー的視線からは、FCVに進むと思うで、しかしなのですが。

まずは、電動の250ccクラスのバイクの登場。

その前に登場すると言われる、スーパーチャージャー付きの250ccバイク。正直、昔の750ccよりパワーは出る。トルクもでる。そして、軽い(過給圧次第ですが)。

ホンダはバイクで生き残る。

カワサキとホンダは、生き残れそうとだけは言えそうな今日この頃なのです。ばいなら。

nice!(4)  コメント(2) 
前の10件 | -